m3.com トップ > 臨床ニュース > 「コロナ前と違って様子がおかしい」の本態は精神的加重

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「コロナ前と違って様子がおかしい」の本態は精神的加重

2021年1月8日 金原出版  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患感染症

國松淳和(著)『コロナのせいにしてみよう。シャムズの話』(金原出版)より転載前回の記事『コロナ禍で”あっさり”起きた精神面の変化』はこちら シャムズは病名ではないここまでの説明で、あまりパリッと理解が進まなかったのではないでしょうか。実はそれでもいいです。程度が軽いときは、こういう医学的な分類というのは医者でも難しいものなのです。大事なのは、医者が「これは気をつけるべきだ」「まず身体疾患を探すべきだ」と思えることです。意識障害なのか、認知機能障害なのか、精神変容・精神症状なのか。どれと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞