m3.com トップ > 臨床ニュース > 五輪見据えたECMOnetで即応【withコロナの医療◆救急編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

五輪見据えたECMOnetで即応【withコロナの医療◆救急編】 東京都立多摩総合医療センター救命救急センター/ECMOセンター部長・清水敬樹氏に聞く―Vol.1

2021年1月16日 withコロナの医療  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症救急

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、一般向けの報道でも「飛沫感染」や「クラスター」、「ロックダウン」などの専門用語が連日飛び交ったが、超重症呼吸・循環不全患者の治療に用いられる「ECMO(体外式膜型人工肺)」も、同様に広まった用語の一つに挙げられるだろう。COVID-19のニュースが日本国内でも報じられるようになってから短期間で、この感染症に対しECMOによる治療を提供する有志の集まり「ECMOnet」が活動を開始していた。実はこのECMOnetの発足に向けた動きは、東...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞