m3.com トップ > 臨床ニュース > “対COVID-19”の長期化で懸念すること【withコロナの医療◆救急編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

“対COVID-19”の長期化で懸念すること【withコロナの医療◆救急編】 東京都立多摩総合医療センター救命救急センター/ECMOセンター部長・清水敬樹氏に聞く―Vol.2

東京都立多摩総合医療センターは、“コロナ禍”においても通常の診療を止めることなく体制を維持してきた医療機関の一つである。一方で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に直面し、対コロナに特化した診療体制や人員の多くを割かざるを得ない状況に陥っている医療機関も少なくはない。同センター救命救急センター・ECMOセンター部長の清水敬樹氏は、多くの医療従事者がCOVID-19との闘いで時間や体力を消耗させていく現状に、「これからもモチベーションをどこまで保てるだろうか」と危機感を募らせる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞