m3.com トップ > 臨床ニュース > 前立腺癌にPARP阻害剤のコンパニオン診断で学会見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

前立腺癌にPARP阻害剤のコンパニオン診断で学会見解 検査タイミング・選択、留意事項など7項目

日本泌尿器科学会はこのほど、「前立腺癌におけるPARP阻害剤のコンパニオン診断を実施する際の考え方(見解書)」を同学会ホームページに掲載した。検査の実施における主治医の役割、検査を実施する施設基準、検査タイミング(フローチャート)、コンパニオン診断(CDx)の使い分け、保険算定に関する留意点など7つのポイントに分けて見解を示している。去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対するPARP阻害剤オラパリブ(販売名:リムパーザ)の適応を判断するCDxとして、「FoundationOneCDxがんゲノムプロフ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞