m3.com トップ > 臨床ニュース > コロナ禍での侵襲を伴う手技の考え方【withコロナ時代の医療◆循環器編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

コロナ禍での侵襲を伴う手技の考え方【withコロナ時代の医療◆循環器編】 慶應義塾大学・香坂俊氏に聞く―Vol. 1

2021年1月17日 withコロナの医療  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患感染症

各分野の専門家に2020年を振り返り、2021年の展望を語ってもらうインタビュー企画「withコロナ時代の医療」。循環器編では、慶應義塾大学循環器内科の香坂俊氏に話を聞いた。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって医療現場でもさまざまな変革が求められた年となったが、香坂氏が考える最も大きな問題は意外なところにあった。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・河野祐子/2020年11月10日取材、全2回連載)緊急事態宣言で一時期はPCI実施件数もほぼゼロに――先生ご自身の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞