m3.com トップ > 臨床ニュース > “狭窄を見つけたら即解除”の時代は終わった【withコロナ時代の医療◆循環器編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

“狭窄を見つけたら即解除”の時代は終わった【withコロナ時代の医療◆循環器編】 慶應義塾大学・香坂俊氏に聞く―Vol. 2

2021年1月20日 withコロナの医療  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

慶應義塾大学循環器内科の香坂俊氏へのインタビュー第2回。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行でかすんでしまった、2020年の循環器領域での注目ニュースや2021年の展望を聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・河野祐子/2020年11月10日取材、全2回連載)各治療手技のすみ分けが明確に――2020年、COVID-19以外に循環器領域でどんな話題に注目しましたか。前半には、私も関わっていたISCHEMIA試験の論文が発表されました(中等度または重症虚血を呈した狭心症に対して早...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞