m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAがグルカゴン注射剤に初の後発品承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAがグルカゴン注射剤に初の後発品承認 複雑な後発品の開発を支援

米国食品医薬品局(FDA)は12月28日、糖尿病患者の重症低血糖時の救急治療に用いるグルカゴン注射剤1U.S.P.単位(1バイアル)1mgの初のジェネリック医薬品(GE;AmphastarPharmaceuticals社)を承認した。本剤は、胃、十二指腸、小腸、大腸の過剰な蠕動運動を抑制する目的で消化管のX線検査や内視鏡検査の前処置にも用いられる。グルカゴン注射剤のGEは、ヒトのグルカゴンを合成したもの。グルカゴンは肝臓で血糖値を急激に上昇させるホルモンで、同時に消化管の蠕動運動を抑える働きがあ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞