m3.com トップ > 臨床ニュース > メソトレキセート点滴静注液1000mgが出荷調整

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

メソトレキセート点滴静注液1000mgが出荷調整 1月中旬以降に欠品

日本脳神経外科学会はこのほど、葉酸代謝拮抗剤「メソトレキセート点滴静注液1000mg」の出荷調整について、製造販売元のファイザーの文書を学会ホームページに掲載した。同点滴静注液1000mgは1月中旬以降に欠品となる見込みで、代替需要が発生することを考慮し、同点滴静注液200mgについても出荷調整が行われる。同社によると、同点滴静注液1000mgの充填済のバイアル製品の製造を行う海外製造所において、2020年12月から実施した製造工程の定期的な検証で製造工程の不備が見つかったことが原因。在庫状況を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞