m3.com トップ > 臨床ニュース > 母親の子宮頸がんが児の肺に移行、大きな衝撃

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

母親の子宮頸がんが児の肺に移行、大きな衝撃 新潟大学・榎本隆之氏に聞く

2021年1月21日 m3.com編集部  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患その他

先頃NewEnglandJournalofMedicineに発表された、子宮頸がんの出産を通じた児の肺への移行と肺がん発症に関する2人の症例報告(「男児の肺がん細胞から母親の遺伝情報とHPV遺伝子型を検出」参照)。世界で初めての報告として話題になったが、産婦人科専門医の目にはどう映ったのか。新潟大学産科婦人科学教室教授の榎本隆之氏に話を聞いた。榎本氏は「頻度は少ないものの、母親のがんが子どもに移行して子どもの生命まで脅かす可能性があるということが示され、大きな衝撃を受けた」と話した。(聞き手・ま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞