m3.com トップ > 臨床ニュース > 2020年の高インパクト100論文、4分の1が新型コロナ関連

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

2020年の高インパクト100論文、4分の1が新型コロナ関連 Altmetric.comによるランキング

2021年1月23日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患感染症

Altmetric.comは1月20日、2020年における生物学領域の論文、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で引用または拡散されたインパクトが高かった学術論文トップ100を発表した。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)または新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の関連論文はトップ10のうち7本、11位から100位のうち17本と、全体の約4分の1を占める結果となった。(m3.com編集部・坂口恵)1位は「人為的に作られたウイルス」否定する論文同サイトが評価する最もインパ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞