m3.com トップ > 臨床ニュース > コロナ禍だからこそ重要になる病診連携【withコロナの医療◆糖尿病編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

コロナ禍だからこそ重要になる病診連携【withコロナの医療◆糖尿病編】 聖路加国際病院・能登洋氏に聞く―Vol. 2

聖路加国際病院の能登洋氏聖路加国際病院内分泌代謝科部長の能登洋氏に、2020年を振り返り、withコロナでの糖尿病診療における課題について言及してもらうシリーズ、第2回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で変化した医療界、糖尿病分野での注目の話題と自身の2021年の目標について語ってもらった。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・末冨聡/2020年12月2日取材、全2回連載)糖尿病領域の2020年注目の話題SGLT2阻害薬と新薬の承認申請、現行治療薬のエビデンスの蓄積――コロナ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞