m3.com トップ > 臨床ニュース > TNIK阻害薬投与で骨肉腫の脂肪細胞への変化を確認、マウス

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

TNIK阻害薬投与で骨肉腫の脂肪細胞への変化を確認、マウス 慶應義塾大学と国立がん研究センター研究所の共同研究

慶應義塾大学整形外科学教室助教の弘實透氏と国立がん研究センター研究所細胞情報学分野・連携研究室主任研究員の増田万里氏らのグループは2月5日、骨肉腫で高頻度に活性化しているタンパク質リン酸化酵素のTNIK(TRAF2andNCK-interactingproteinkinase)を阻害する薬剤を投与することで、骨肉腫細胞を脂肪細胞に変化させることに成功したとの研究成果を報告した。論文はJCIInsight.(2021Jan5;137245)に掲載された。両氏に話を聞いた。(m3.com編集部・坂口...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞