m3.com トップ > 臨床ニュース > PTXコーティングバルーンやステントの使用を学会「推奨する」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

PTXコーティングバルーンやステントの使用を学会「推奨する」 日本の臨床試験成績では死亡リスクの上昇は認められず

2021年2月15日 日本血管外科学会  カテゴリ: 循環器疾患その他

日本血管外科学会はこのほど、日本IVR学会や日本心血管インターベンション治療学会と「大腿膝窩動脈におけるパクリタキセルコーティングバルーン及びステントについてのステイトメント」を同学会ホームページに掲載した。大腿動脈領域におけるパクリタキセルコーティングバルーンとステント(PTX機器)を用いた治療について、国内臨床試験の解析結果を踏まえ、「PTX機器を使用すること」「今回の成績を用いたインフォームドコンセントを行うこと」を「推奨する」との見解を示している。同機器の使用については、死亡リスクが増大...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞