m3.com トップ > 臨床ニュース > COVID-19肺炎のネーザルハイフローは諸刃の剣~全集中silicoの呼吸・肆の型・死腔の極み

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

COVID-19肺炎のネーザルハイフローは諸刃の剣~全集中silicoの呼吸・肆の型・死腔の極み 東京農工大学工学部生体医用システム工学科客員教授・北岡裕子

2021年2月13日 ドクター寄稿  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症救急

ふじみの救急病院(埼玉県)の鹿野晃院長が1月28日放送のテレビの情報番組に出演され、ご自身が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患・回復された経緯をお話しされました。今年になって同院に導入し、初めて使用したネーザルハイフロー(high-flownasalcanula、以下HFNC)が感染源だろうとのことでした。当時、陰圧室が満床だったため、COVID-19肺炎の患者に通常の病室でHFNCを使用していた期間があり、関わった3名の看護師も感染されたとのことでした。HFNCの使用を止めてか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞