m3.com トップ > 臨床ニュース > ステージIV大腸がんに対する原発巣切除の意義を否定した初のRCT

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ステージIV大腸がんに対する原発巣切除の意義を否定した初のRCT 国立がん研究センターとJCOG大腸がんグループ

2021年2月17日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患一般外科疾患

国立がん研究センターと日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)は2月15日、ステージIV大腸がんの原発巣切除先行の意義を検証した臨床第3相試験JCOG1007;iPACSに関する記者会見(国立がん研究センターとオンラインのハイブリッド開催)を開き、原発巣切除先行により、化学療法群を上回る生存期間の有意な延長が認められないとの結果を、ランダム化比較試験(RCT)として世界で初めて示した。無症状のステージIV大腸がんに対し、実臨床では原発巣切除が多く行われていたが、その意義については意見が分かれていた。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞