m3.com トップ > 臨床ニュース > 造血器腫瘍ゲノム検査GLでパブコメ募集

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

造血器腫瘍ゲノム検査GLでパブコメ募集 遺伝子パネル検査の推奨度を各疾患・病期ごとに提示

2021年2月19日 日本血液学会  カテゴリ: 血液疾患検査に関わる問題

日本血液学会はこのほど、同学会ゲノム医療委員会が作成中の「日本血液学会造血器腫瘍ゲノム検査ガイドライン2021年度版」に対するパブリックコメントの募集案内を学会ホームページに掲載した。締め切りは2月28日で、同学会が電子メールで受け付けている。同GLは、2020年度版の改訂第3版。造血器腫瘍の診断から治療までの経過に沿って、遺伝子パネル検査の臨床的有用性がまとめられている。今回の改訂では、従来の造血器腫瘍に関連した遺伝子リストを「遺伝子・疾患別エビデンスレベル」として一部修正、アップデートした情...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞