m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAが化学療法中の骨髄抑制予防にtrilaciclib承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAが化学療法中の骨髄抑制予防にtrilaciclib承認 進展型小細胞肺がんが適応

米国食品医薬品局(FDA)は2月12日、成人の進展型小細胞肺がんに用いる一部の化学療法誘発性骨髄抑制に対して、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬trilaciclib(商品名Cosela、G1Therapeutics社)を承認した。trilaciclibは、CDK4/6と呼ばれる酵素を阻害することで、化学療法による損傷から正常な骨髄細胞を保護する効果があるとされている。trilaciclibの有効性は、進展型小細胞肺がん患者計245例を対象とした無作為化二重盲検プラセボ対照試験3件で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞