m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAが3Dプリント製距骨インプラント承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAが3Dプリント製距骨インプラント承認 疼痛軽減、可動域改善に効果

米国食品医薬品局(FDA)は2月17日、3Dプリント製距骨インプラントPatientSpecificTalusSpacer(AdditiveOrthopaedics社)を人道的使用機器(HumanitarianUseDevice:HUD)制度下で承認した。世界初の距骨(足と脚をつなぐ足関節にある骨)インプラントで、骨に血液を供給する血管の血流障害により骨組織が壊死する骨壊死の治療に用いられる。骨壊死が進行すると足関節の可動が妨げられ、一般的に外科手術が用いられるが、インプラントはそれに代わる関節...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞