m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】住民への新型コロナワクチン大規模集団接種の現況

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】住民への新型コロナワクチン大規模集団接種の現況 米ニューメキシコ大学・乗井達守

2021年2月27日 ドクター寄稿  カテゴリ: 小児科疾患救急その他

【編集部より】現在、日本でも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの集団・個別接種に向けた検討・準備が進んでいます。米ニューメキシコ大学医学部救急部AssociateProfessorの乗井達守先生が、米国で始まっている一般市民への大規模ワクチン接種の現況を紹介します。「どうしても定期的に余りが出る」ワクチンを集団接種会場でどう取り扱っているのか。また、現地ではワクチン接種を支援する非医療者のボランティアがとても人気とのことですが、その理由とは。さらに、医療者が一般の人と接種に関す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞