m3.com トップ > 臨床ニュース > もともと飛沫多い子どもの診察、COVID-19でどう変える?【withコロナの医療◆小児科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

もともと飛沫多い子どもの診察、COVID-19でどう変える?【withコロナの医療◆小児科編】 ふじおか小児科・藤岡雅司氏に聞く―Vol. 2

「withコロナ時代の医療」小児科編の第2回。今のところ、子どもへの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による直接の影響は少ないが、さまざまな間接的影響が懸念されている。藤岡雅司氏(ふじおか小児科院長、大阪小児科医会副会長、「VPDを知って子どもを守ろう」の会副理事長)は、もともと飛沫が多く発生する子どもの診察をCOVID-19で一律にフルPPE(個人防護具)のような体制に変えるべきなのか、その妥当性を考えているそうだ。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2020年12月4日・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞