m3.com トップ > 臨床ニュース > コロナ禍での十分な花粉症コントロールなどを呼びかけ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

コロナ禍での十分な花粉症コントロールなどを呼びかけ 耳鼻咽喉科・一般内科関連学会

本格的なスギ花粉症シーズンを迎える中、スギ花粉によるアレルギー性鼻炎患者に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者が紛れ込む可能性が指摘されている。COVID-19の初期症状として知られる嗅覚異常や鼻汁などはスギ花粉症でも見られる他、スギ花粉症によるくしゃみや目、鼻のかゆみがウイルス感染・拡散リスクを高める懸念があるという。複数の関連学会が、両者の鑑別やスギ花粉症の十分なコントロールの重要性を呼びかけている。(m3.com編集部・坂口恵)アレルゲン免疫療法中に感染したら中止を日本耳鼻咽喉...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞