m3.com トップ > 臨床ニュース > IBD患者はコロナワクチンを受けるべきか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

IBD患者はコロナワクチンを受けるべきか 厚労研究班と学会がQ&A第1版を公開

2021年2月27日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患感染症

厚生労働科学研究費の「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班」(研究代表者=杏林大学消化器内科学教授・久松理一氏)は2月15日、日本炎症性腸疾患学会と共同で、炎症性腸疾患(IBD)患者への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンに関するQ&Aの第1版を公開した。IBD患者が接種すべきかどうか、免疫抑制治療中でも接種可能かなど、IBDに特化した疑問に答えている。(m3.com編集部・小島領平)個々の患者でリスク・ベネフィットの判断必要Q&Aは、同研究班と同学会が、IBD患者とその診療に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞