m3.com トップ > 臨床ニュース > 新型コロナウイルス感染時期の眼科学校健診で学会指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新型コロナウイルス感染時期の眼科学校健診で学会指針 実施の時期、感染予防対策など

2021年3月19日 日本眼科医会  カテゴリ: 小児科疾患眼科疾患その他

日本眼科医会はこのほど、新型コロナウイルス感染時期における眼科学校健診に関する文書を同学会のホームページに掲載した。文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課から3月1日に事務連絡が発出されたことを受け、実施の時期や感染予防対策などについて学会が指針をまとめた。眼科学校医に対し、地区教育委員会や医師会、担当学校と実施について相談するよう呼びかけている。同文書では眼科学校健診の実施について、2020年度は「未実施の場合は3月末日までに速やかに実施すること」とし、2021年度は、「新型コロナウイルス感...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞