m3.com トップ > 臨床ニュース > メニエール病に併発する「非メニエール病のめまい」に注意【時流◆めまいとメニエール病】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

メニエール病に併発する「非メニエール病のめまい」に注意【時流◆めまいとメニエール病】 富山大学・將積日出夫氏に聞く―Vol. 5

【時流◆めまいとメニエール病】第5回(最終回)。富山大学耳鼻咽喉科頭頸部外科学教授の將積日出夫氏に診療・研究上の課題について聞いた。保存的治療が奏効しない、難治例を多く診療する將積氏によると、メニエール病と診断された後もめまいの訴えを注意深く診察する必要があるそうだ。その理由とは。また、数年前から国際的に、新たな疾患概念として持続性知覚性姿勢誘発めまい(PersistentPostural-PerceptualDizziness:PPPD)」が提唱されてきているという。(聞き手・まとめ:m3.c...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞