m3.com トップ > 臨床ニュース > 第7回 ダニ舌下免疫療法の効果予測因子

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第7回 ダニ舌下免疫療法の効果予測因子 耳鼻咽喉・アレルギー 執筆:赤松摩紀、岡野光博(ともに国際医療福祉大学)

今回扱う論文EarlyResponseofSpecificIgEcanPredictSatisfactionwithSublingualImmunotherapy.Laryngoscope.2021;131:467-72.はじめにアレルギー性鼻炎の治療法としては、抗原の除去・回避とともに、薬物療法、アレルゲン免疫療法、手術療法があります。このうち、臨床的な治癒が期待できる治療法はアレルゲン免疫療法です。アレルゲン免疫療法の投与ルートには、皮下注射法や舌下法などがあります。アレルギー性鼻炎について...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞