m3.com トップ > 臨床ニュース > 妊婦の体重増加指導目安で学会周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

妊婦の体重増加指導目安で学会周知 低体重で12-15kg、普通体重で10-13kg

2021年3月31日 日本周産期・新生児医学会  カテゴリ: 産婦人科疾患

日本周産期・新生児医学会はこのほど、日本産科婦人科学会作成の文書「妊娠中の体重増加指導の目安について」を同学会ホームページに掲載した。1999年に公表された「妊娠中毒症の栄養管理指針」に記載の「妊娠中の適切な体重増加の推奨」については2019年に推奨が取り下げられ、新たな目安が策定されたことを受けてのもの。低体重(BMI18.5未満)12-15kg、普通体重(BMI18.5以上25未満)10-13kg、肥満度1(BMI25以上30未満)7-10kg、肥満度2以上(BMI30以上)では、上限5kg...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞