m3.com トップ > 臨床ニュース > 新生児に対するビタミンK投与法で学会周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新生児に対するビタミンK投与法で学会周知 3カ月法の採用と、母子手帳の便色カードを用いた肝胆道系疾患の早期発見を

2021年3月31日 日本産科婦人科学会  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

日本産科婦人科学会はこのほど、日本産婦人科医会と連名の文書「新生児の出血性疾患予防のためのビタミンK投与法について」を、同学会ホームページに掲載した。日本小児科学会から新たな報告が出されたことを受け、3カ月法による新生児へのビタミンK(VK)投与と、母子手帳の便色カードを用いた肝胆道系疾患の早期発見について検討するよう呼びかけている。VK欠乏症が原因と考えられる出血性疾患を予防するため、新生児へのVK投与は必要で、投与法として3回法と3カ月法がある。これまでに3カ月法を用いて問題となる副作用は報...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞