m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAがミラベグロンの小児適応追加を承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAがミラベグロンの小児適応追加を承認 3歳以上の神経因性排尿筋過活動(NDO)に適応拡大

米国食品医薬品局(FDA)は3月25日、過活動膀胱の治療に用いられる選択的β3アドレナリン受容体作動性薬ミラベグロンの徐放性製剤(商品名Myrbetriq)および新剤型の内服懸濁液用顆粒(商品名MyrbetriqGranules、ともに米AstellasPharma社)について、3歳以上の小児の神経因性排尿筋過活動(NDO)の適応追加を承認した。NDOは、二分脊椎症などの先天性疾患や、脊髄損傷などの神経の損傷を原因とする膀胱の機能障害だ。NDOになると膀胱壁の平滑筋が過活動となり、不随意に膀胱が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞