m3.com トップ > 臨床ニュース > 特発性大腿骨頭壊死症診療GL2019を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

特発性大腿骨頭壊死症診療GL2019を公開 診断、手術治療など7章構成

2021年4月5日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 整形外科疾患

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本整形外科学会および厚生労働省指定難病特発性大腿骨頭壊死症研究班作成の「特発性大腿骨頭壊死症診療ガイドライン2019」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)は、特発性大腿骨頭壊死症の疫学や病態、診断、治療について7章構成で解説している。疫学、病態、診断の章はBackgroundQuestion(BQ)を12問設定。治療の章は、骨移植・細胞治療、骨切り術、人工股関節置換術を含む手術治療および保存治療について、ClinicalQuestion(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞