m3.com トップ > 臨床ニュース > クロザピン治療の検査間隔延長、血球減少による中止後の再投与基準で提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

クロザピン治療の検査間隔延長、血球減少による中止後の再投与基準で提言 投与後52週経過している場合、検査を4週以内に1回に

日本精神神経学会はこのほど、厚生労働省に提出した「検査間隔の延長および血球減少による中止後の再投与に関する要望」を学会ホームページに掲載した。今回の提言では、クロザピン(販売名:クロザリル錠)による治療が、投与後52週経過している患者に対し、検査間隔を2週に1回から4週以内に1回とすること、および、血球減少による中止後再投与条件を緩和することの2点を要望している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、緊急事態宣言発動時におけるクロザピンによる治療中の患者の検査間隔を4週間以上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞