m3.com トップ > 臨床ニュース > 「チオラ錠100」出荷調整、患者調査で周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「チオラ錠100」出荷調整、患者調査で周知 シスチン尿症患者への優先供給を

2021年4月1日 日本肝臓学会  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

日本肝臓学会はこのほど、代謝改善解毒・シスチン尿症治療薬「チオプロニン錠」(販売名:チオラ錠100)の出荷調整と処方・患者調査に関して、製造販売元の文書を学会ホームページに掲載した。同薬の原料製造所でGMP(製造管理・品質管理基準)上の問題が発覚したことから、原薬の製造が停止され、出荷調整が行われることになった。現在庫について、代替薬がなく、希少疾病用医薬品に指定されているシスチン尿症の患者に優先的に供給し、その他の適応症の場合は代替薬を検討するよう呼びかけている。また同社は、患者調査において、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞