m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】IBD研究班によるCOVID-19対策

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】IBD研究班によるCOVID-19対策 IBD班JAPAN IBD COVID-19 Taskforceリーダー・仲瀬裕志(札幌医科大学教授)

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の流行は1年を経過しても収束の兆しが見えず、今なお予断を許さない状況です。こうした中、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班」(代表研究者=久松理一・杏林大学消化器内科学教授、以下研究班)では、2020年4月に「JAPANIBDCOVID-19Taskforce」(以下Taskforce)を発足し、SARS-CoV-2感染症(COVID-19)禍における炎症性腸疾患(以下IBD)患者管理における重要な情...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞