m3.com トップ > 臨床ニュース > 第26回 腎臓病・透析患者のCOVID-19対策の振り返りと第4波への備え

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第26回 腎臓病・透析患者のCOVID-19対策の振り返りと第4波への備え 執筆:菅原有佳(東京大学医学部附属病院)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめに2020年初頭に「未知の原因による肺炎」が報告されてから1)、世界中のほとんどの人がこの新たなコロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)に恐怖し、大きな影響を受けたことでしょう。医療界においてもその影響は甚大であり、最前線でCOVID-19の治療を行った施設はもちろんのこと、そうでない施設においても感染対策のすみやかな強化が必要となりました。また、COVID-19流行があまりに急速に広がったために、感染対策の内容は施設によって違いが見られました。今回は、腎臓内...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞