m3.com トップ > 臨床ニュース > 第9回 窒息と相性が最悪な気道器具とは

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第9回 窒息と相性が最悪な気道器具とは 救急(窒息・気道異常) 乗井達守(ニューメキシコ大学)

ここはある救命センター。指導医と研修医が当直中。新型コロナ対応に指定された別病院でも支援のためのER勤務があり、指導医は大変お疲れ。そんな指導医を見て、研修医がポジティブなネタを振ろうとしています。研修医(K)「前回(国際コンセンサス2020における窒息対処のハイライト)教えてもらったマギル鉗子で早速窒息の患者さんを救えました。先生のお陰です」指導医(S)「マギル鉗子の扱いは慣れないと難しいから、よく頑張ったな。俺は嬉しいよ」K「先生に教えていただいて、私は世界一幸運な研修医ですね」S「それは言...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞