m3.com トップ > 臨床ニュース > 稀少部位子宮内膜症GLを公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

稀少部位子宮内膜症GLを公開 2章構成、腸管子宮内膜症、胸腔子宮内膜症の治療法など

2021年4月19日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 産婦人科疾患

医療情報サービス(Minds)はこのほど、「難治性稀少部位子宮内膜症の集学的治療のための分類・診断・治療ガイドライン作成」研究班作成の「稀少部位子宮内膜症診療ガイドライン」を、ホームページのガイドライン一覧に加えた。稀少部位子宮内膜症のうち、臨床的に問題となることの多い腸管子宮内膜症、膀胱子宮内膜症・尿管子宮内膜症、胸腔子宮内膜症、臍部子宮内膜症について、総論とクリニカルクエスチョン(CQ)の2章に分けて解説している。CQは各疾患の手術療法と薬物療法について検討し、全8問を設定。具体的には、「腸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞