m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAがセツキシマブの新たな用法・用量承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAがセツキシマブの新たな用法・用量承認 大腸がん・頭頸部扁平上皮がんで隔週投与が選択可能に

米国食品医薬品局(FDA)は4月6日、KRAS遺伝子野生型でEGFR変異陽性の大腸がん(mCRC)または頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)に用いる抗EGFR抗体セツキシマブ(商品名アービタックス、ImClone社)について、500mg/m2を120分かけて2週間に1回点滴静注する新たな用法・用量を承認した。この承認によって、セツキシマブを単剤または化学療法との併用で投与する場合、従来の週1回投与レジメンのほかに隔週投与レジメンを選択することが可能となった。今回の承認は、セツキシマブ500mg隔週投...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞