m3.com トップ > 臨床ニュース > 前立腺がんにホルモン療法? 遺伝子検査が判断材料に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

前立腺がんにホルモン療法? 遺伝子検査が判断材料に Cancer Currents――米国立がん研究所(NCI)ブログ

(海外がん医療情報リファレンス4月8日付記事を転載)大規模研究から、再発した前立腺がんが広がる(転移する)可能性を遺伝子検査によって正しく予測できることが明らかになった。この検査は最も適切な治療法を選択するのに役立つ可能性があると、研究者らは結論を示している。前立腺を全摘出する手術(根治的前立腺全摘除術)後にPSA値が上昇し始めると、一般的にはがんが再発したことを意味する。前立腺全摘除術後に再発した前立腺がんに用いる標準治療は、単独またはホルモン療法と併用する放射線治療である。ホルモン療法には、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞