m3.com トップ > 臨床ニュース > 第5回 複数臍帯血移植 vs. 血縁者間HLA半合致移植のRCT(BMT CTN 1101)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第5回 複数臍帯血移植 vs. 血縁者間HLA半合致移植のRCT(BMT CTN 1101) 血液内科 藤重夫(大阪国際がんセンター)

2021年4月21日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 血液疾患

今回扱う論文DoubleunrelatedumbilicalcordbloodvsHLA-haploidenticalbonemarrowtransplantation:theBMTCTN1101trialBlood2020;137:420-428はじめに同種造血幹細胞移植はHLA(ヒト白血球抗原)が適合したドナーから行うというのが標準的ではありましたが、近年、そういったドナーがいない場合の選択肢としての臍帯血移植と血縁者間HLA半合致移植の治療成績も向上し、治療選択肢の中での重要性が増していま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞