m3.com トップ > 臨床ニュース > 神経疾患患者に対する新型コロナウイルスワクチン接種で学会見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

神経疾患患者に対する新型コロナウイルスワクチン接種で学会見解 免疫介在性中枢神経疾患など、各疾患の推奨や問題点をQ&A形式で提示

2021年4月22日 日本神経学会  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患感染症

日本神経学会はこのほど、脳卒中、免疫介在性中枢・末梢神経疾患、免疫介在性筋疾患、認知症患者への新型コロナウイルスワクチンの接種について、現時点での学会としての見解を同学会ホームページに掲載した。Q&A形式で疾患ごとの推奨や問題点を示している。Q1の「COVID-19ワクチンを、神経疾患(脳卒中、認知症、神経難病)患者に接種を推奨するか?」に対しては、現時点では神経疾患(脳卒中、認知症、神経難病)を対象とした有効性と安全性についてのエビデンス・情報はなく、一方、神経疾患患者の多くが高齢者で基礎疾患...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞