m3.com トップ > 臨床ニュース > 乳幼児のマスク着用で学会注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乳幼児のマスク着用で学会注意喚起 マスクの大きさにかかわらず危険性がある

2021年4月23日 日本小児科学会  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患感染症

日本小児科学会はこのほど、1月に同学会が公表した「乳幼児のマスク着用の考え方」「子どもおよび子どもにかかわる業務従事者のマスク着用の考え方」への一部追記内容について、同学会ホームページで周知した。「ベビー用等小さいマスクの型紙紹介、販売等がなされているが、乳幼児へのマスク着用にはマスクの大きさにかかわらず危険性があること」が追記された。マスク着用のリスクを、妊産婦や乳幼児の養育者に対して注意喚起するよう呼びかけている。関連リンク「乳幼児のマスク着用の考え方」「子どもおよび子どもにかかわる業務従事...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞