m3.com トップ > 臨床ニュース > 第4回 enfortumab vedotin、肝転移にも効果あり

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第4回 enfortumab vedotin、肝転移にも効果あり 泌尿器科 菊地栄次(聖マリアンナ医科大学)

2021年4月23日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

今回扱う論文EnfortumabVedotininPreviouslyTreatedAdvancedUrothelialCarcinomaNewEnglandJournalofMedicine2021年2月12日付電子版1)はじめに本邦の『膀胱癌診療ガイドライン2019年版』によると、転移性尿路上皮がんに対する一次標準治療は、シスプラチンベースの全身化学療法が強く推奨されています。そして、一次化学療法後に再発または進行した場合は、二次治療としてペムブロリズマブの使用が選択されます。一方、ペムブロ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞