m3.com トップ > 臨床ニュース > 新型コロナ肺炎、通常肺炎より「問題あり」【第30回呼吸ケア・リハ学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新型コロナ肺炎、通常肺炎より「問題あり」【第30回呼吸ケア・リハ学会】

2021年4月23日 MMJ  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症救急その他

第30回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会(会長・陳和夫京都大学大学院医学研究科呼吸管理睡眠制御学講座特定教授)が3月19、20日、京都市内とWEB開催を併用する形で開かれた。京都大学医学部附属病院リハビリテーション科の佐藤晋病院講師は3月20日、「人工呼吸管理を要する重症COVID-19肺炎患者に対する呼吸リハビリテーションに関する実態調査」の結果を発表した。通常の重症肺炎患者に比べ問題ありが7割で、筋力低下が目立つと明らかにした。(MMJ編集長・吉川学)4学会専門医・関連施設から集...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞