m3.com トップ > 臨床ニュース > 第36回 先天異常とがん発症の関連――質の高い症例対照研究とは

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第36回 先天異常とがん発症の関連――質の高い症例対照研究とは 執筆:山名隼人、監修:康永秀生(ともに東京大学)

今回扱う論文Cancerriskinindividualswithmajorbirthdefects:largeNordicpopulationbasedcase-controlstudyamongchildren,adolescents,andadultsBMJ2020;371:m4060.はじめに医学研究に用いられる統計手法は近年、ますます高度になっています。本シリーズでも、傾向スコアや操作変数法など、さまざまな手法を扱ってきました。しかし、複雑な統計手法は、データや研究デザインの限界を克服...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞