m3.com トップ > 臨床ニュース > 心不全GL、駆出率に新たな分類

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心不全GL、駆出率に新たな分類 「2021年JCS/JHFSガイドラインフォーカスアップデート版急性・慢性心不全診療」―Vol.1

日本循環器学会公式サイトで8つの2021年版の各種ガイドライン、ならびにフォーカスアップデート版が無償公開された。2017年から相次いで新薬が承認された慢性心不全については、154ページにわたる2017年改訂版のうち、次回改訂前に日常臨床に大きく影響する部分を抜粋し、部分改訂が加えられた47ページの「2021年JCS/JHFSガイドラインフォーカスアップデート版急性・慢性心不全診療」(以下、「フォーカスアップデート版」)が発表された。改訂ポイントについて、第85回日本循環器学会学術集会(3月26...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞