m3.com トップ > 臨床ニュース > 産科の診療ガイドライン2020を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産科の診療ガイドライン2020を公開 CQ&Aを112から113に、無痛分娩関連を増設

2021年5月4日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 産婦人科疾患

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会作成の「産婦人科診療ガイドライン-産科編2020」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)は2017年版の改訂版で、妊娠の管理、胎児障害・形態異常に関する相談から、合併症妊娠、感染症など幅広く取り上げる。2017年版と比べ、クリニカル・クエスチョンとAnswer(CQ&A)の総数を112から113に増やし、無痛分娩の施設体制に関するCQ&Aを新設。巻末には、「ジノプロストン腟内留置用製剤(販売名:プロウペス腟...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞