m3.com トップ > 臨床ニュース > 前立腺がんはホルモン療法後もグルタミン代謝スイッチを利用して増殖する

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

前立腺がんはホルモン療法後もグルタミン代謝スイッチを利用して増殖する 動物モデルで腫瘍増殖の阻害に成功

2021年5月4日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患

(海外がん医療情報リファレンス4月19日付記事を転載)がんの燃料源を直接狙った新たな手法につながる発見DukeHealthが主導する研究チームによる前立腺がんの細胞代謝に関する研究から、前立腺がんのホルモン療法がいずれは効かなくなる主な理由と、全く新しい治療法によってこの問題を回避する方法が、明らかになった。ホルモン療法がアンドロゲン受容体を標的とすることで、どのようにして腫瘍細胞から重要な燃料源を奪うかを明らかにしたこの研究成果は、2021年3月22日の週に全米科学アカデミー紀要に発表された。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞