m3.com トップ > 臨床ニュース > 「中等症例、往診で医療崩壊を防ぐ」現況と課題

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「中等症例、往診で医療崩壊を防ぐ」現況と課題 いきいきクリニック・武知由佳子氏に聞く

2021年5月13日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患救急その他

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生から1年。第4波を迎えている今、都市部を中心に中等症以上の患者の入院が困難になっている。また、自宅やホテルなど病院外で療養中の患者の死亡も報告されている。「入院が困難でも、開業医で中等症患者への早期介入を可能にすることで、重症化や医療逼迫を何とか防げないだろうか」――第3波で医療崩壊となった神奈川県川崎市で、入院の受け入れが不能となった肺炎患者(中等症)を診療し、在宅酸素療法(HOT)やステロイド薬の処方などで対応に当たっている武知由佳子氏に話を聞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞