m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】COVID-19の早期診断と早期治療を実現可能にする二手(後編)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】COVID-19の早期診断と早期治療を実現可能にする二手(後編) けいゆう病院・菅谷憲夫

2021年5月17日 ドクター寄稿  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

【編集部より】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン接種が進まないまま、より感染力の強い変異株への対応を余儀なくされている日本。インフルエンザの専門家として国際的に活躍する菅谷憲夫氏(けいゆう病院小児科および感染制御センター室長、慶應義塾大学医学部客員教授)は、流行抑止に向け日本にはまだ取り得る手段が2つあると提言します。同氏による寄稿の後編をご紹介します。前編『日本のCOVID-19対策には何が欠けているのか』の記事はこちら日本のとるべき対策は早期診断と早期治療再度、日本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞