m3.com トップ > 臨床ニュース > 呼吸不全に「経肛門腸換気法」、哺乳類で有用性確認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

呼吸不全に「経肛門腸換気法」、哺乳類で有用性確認  

東京医科歯科大学、名古屋大学、京都大学の研究グループは5月15日、Med電子版に、呼吸不全に対して経肛門的に腸へ酸素を供給することで全身の酸素化を補助するという、新しいアプローチを報告した。「経肛門腸換気法(EnteralVentilationviaAnus:EVA)」と呼ばれるこの方法は、純酸素ガスの腸管内投与または酸素が豊富に溶けたパーフルオロカーボン(PFC)を浣腸で投与する2種類の投与経路が現時点で可能で、今回報告されたのはモデル動物を用いた動物実験ならびに前臨床試験の結果だ。論文概要と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞