m3.com トップ > 臨床ニュース > 専門家が考えるPrecision Medicineの「真骨頂」【医師会員30万人突破記念企画】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

専門家が考えるPrecision Medicineの「真骨頂」【医師会員30万人突破記念企画】 グローバルカンファレンス『がん診療の現在と未来』―Vol. 4

2021年6月6日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

m3.com医師会員30万人突破記念企画「グローバルカンファレンス『がん診療の現在と未来』」の第4回は、precisionmedicine(以下、「プレシジョン医療」)の実践について。プレシジョン医療というと、最先端の医療技術を真っ先にイメージする。今回の座談会で、臨床で正確にプレシジョン医療を実践する上で重要なこととして強調されたのは「薬剤の適切な用法・用量を企業や学術機関が承認後も継続的に探索し続けること」だった。患者本位の目線に立つ研究者ならではの討議が展開された。(まとめ:m3.com編...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞